株式会社マガーレ
お問合せ
株式会社マガーレ
【TEL】
03-6415-4187
【FAX】
03-3476-6522
【営業時間】
平日 10時〜17時

お問合せはこちら

Rose Spa About rose

TOP > ローズスパ > About rose

バラを知ろう

現在日本でバラを栽培されておられる方は約1600名です。そのうち700名ほどが日本ばら切花協会に加盟しています。日本で施設園芸が普及し始めた頃より、売値の関係で積極的にガラス温室での栽培を始められた方が多いです。バブル期には相場の急騰もあり、生産者の数と面積も増えましたが最近は減少気味となっています。 ガラス温室

日本開発品種のバラ

日本開発品種のバラ これに替わって市場を広げているのが海外からの輸入です。以前は中南米やアフリカからの輸入も多かったのですが、最近はインドや中国からも増えています。フランスとドイツの品種が多いですが、日本人の開発で世界ブランドになったものもあります。

バラの農薬

口に入る野菜と違い、農薬は徹底防除が基本です。特に日本人は、葉でも虫食いを嫌がりますので、また気候の関係上湿度が高く病気も出やすいことから、殺虫剤と殺菌剤はこれでもかというほど散布するのが実情です。5年ほど前の農薬規制の変更により効果的な薬剤が使えなくなったことや作業に従事する方の高齢化が進み、尚且つ世界一人件費が高い日本では、価格では競争力が段々落ちてきております。他国ではどんな農薬が使われてるかは全く判りません。農薬を使わないと栽培が出来ないのは基本です(まれに栽培時に全く農薬を使用せず、栽培しているところもあります。食用などの特殊用途で価格帯も違ってきます)

農薬の「残効期間」

農薬には、何日間花や葉に残留するかという「残効期間」というものがあります。例えば出荷の1週間前に5日で残効期間が過ぎるものを使用すれば問題ない事になります。ただしその5日の間、雨が続いたりして天候条件で農薬成分が分解されないで残ってしまうこともありえます。

バラの栽培はガラス温室で大切に

栽培はガラス温室で行われるのが殆どです。硬質プラスチックで出来た温室の方が値段は安いのですが、バラの花にとってはガラス越しの光の方が良いのです。またバラは植えると5-8年間同じ株を育てますので、温室も長持ちする方が良いということになります。 ガラス温室

バラの栽培方法

栽培には大まかに言って3種類の方法があり、栽培方法が異なります。
  1. バラの木を1.8mほどまで大きく育て、80cm程まで栽培する方法。
  2. もっと短い40cmほどで切って数を稼ぐ方法。
  3. 枝を途中で折り、メインを大きく育てて120cm程まで栽培する方法。

バラの栽培中の虫

栽培中には色んな虫が来ますスリップス、アブラムシが代表的なものです。また栽培管理の関係で病気もよく発生します。葉が白くなるウドンコ病などが典型的なものです。
■主な病気 ■バラの主な害虫
ウドンコ病 ハダン類
根頭がんしゅ病 アザミウマ類
枯枝病 アブラムシ類
半身萎凋病 ウメシロカイガラムシ、オオタバコガ、カワガタハバチ、チャハマキ、ハスモンヨトウ、
アカスジチュウレンジ、バラハキリバチ、ヒメクロオトシブミ、マメコガネ、ヨコバイ類

バラの出荷

バラは、野菜とは全く異なり農協経由での出荷はありません。全国各地の市場へ直接出荷されます。まれに直接契約でスーパーや生協へ出荷されることもあります。この市場で輸入品と競争することになります。

バラの価格

バラを店頭で購入すると1本100〜500円までと様々です。いったい何が違うんでしょうか。勿論品種による価格差はあります。品種の特許が切れてるかどうかもポイントです。でも同じ花が店によって大きく値幅があるのを実感されてると思います。アレンジ料を最初から込みにしているところもあります。ショップのブランドも当然あります。しかし一番の大きな違いは「持ち」です。水揚げがいい花は高い!水揚げが良いように栽培した農家の花は高いです。栽培技術の高い農家が高い評価を受ける。これ自体は当然なのですが、消費者にはわかりませんね。買い比べるしか今は手がありません。食べ物は賞味期限があるので、バラにも何らかの表示があればいいと思うのですが…

バラの栽培中の虫

Magare